最新情報

最新のお知らせ


2019年10月24日 : 第19回 倫友塾
「第19回 倫友塾」

10月23日18:30より
第19回目となる倫友塾を研修委員会主催で開催しました。





【第一部 DVD研修】

「第7条 疾病信号」を学びました。

不自然な心遣い※わがまま、気まま、妬み、怒り、恐れなど が高じてくると、家庭や社会をかき回し障害を起こす そうなる前にそんな心遣いをやめさせようとして、大自然から警告が与えられる、それが病気。

病がきたら喜んで対処する、病気によって人格向上、人間の器を大きくできる。

そのようなことを学びました。



【第2部 疾病信号を学んでの座談会】

ファシリテーター
普及拡大委員長 松尾 公輝 さん

それぞれの疾病信号についての、倫理体験、成人してからの病が親の心からの手当てで好転した、患者さんを治す立場からの心身相関や親子相関についての体験談などが話題にのぼりました。

全員参加型の、時間が足りないほど の、そして和やかな倫友塾でした(^^)

このような勉強会を2ヶ月に1度開催しております。

倫理法人会非会員の方も出席可能ですので、早朝はちょっと…という方も夜の部から倫理に触れてみませんか?
2019年10月22日 : 第1723回 経営者モーニングセミナー


第1723回 経営者モーニングセミナー

宮内歯科医院 院長
一般社団法人 倫理研究所 法人レクチャラー
宮内 昭穂 (みやうち あきお)様

●テーマ
「歩み続けて37年 いつの間にか地域一番!~CS(顧客満足度)そしてES(従業員満足度)へ~」

現在、歯科医院は全国で約60,000軒。技術だけではなくスタッフに長く働いてもらうが必要であると気付き、様々な取り組みを行う。

●労働条件や待遇の改善
診療時間の短縮、週休2.5日、有給完全消化・産休・育休など、スタッフの生活環境の変化があっても働き続けられる、働き続けやすい環境をつくりあげた

●働きがいを生み出す成長の仕組み
患者さんの担当制で「ありがとう」を直接言ってもらえることが多くなったり、「働きがい」が生まれるとスタッフが辞めないようになった

●人間関係の改善
春秋の院内研修を実施したり、経営者である自分自身を見直し変わった

ES(従業員満足度)があがることにより、気付くといつの間にか地域一番になっていた!

【宮内歯科医院の目標】
皆で楽しく働ける職場を創ろう!

ステキなご講話でした(^^)



●宮城県倫理法人会 普及拡大委員会
普及拡大委員会が中心となり、「心豊かでおもいやりにあふれる日本一の倫理法人会を目指す」という大久会長からの方針を盛り込んだステキなパネルを作成してくれました(^^)



毎週火曜日6:10~
ホテル白萩さんにて
みんなで倫理を学びませんか(^^)
2019年10月15日 : 第1722回 経営者モーニングセミナー
「会員リレースピーチ」

●株式会社仙台買取館・株式会社サムライアロハ 代表取締役 櫻井 鉄矢 さん

●株式会社comme-nt 代表取締役 後藤 広晴さん



●株式会社仙台買取館・株式会社サムライアロハ 代表取締役 櫻井 鉄矢 さん

仙台市内で古物商・質屋を経営している櫻井社長。その経験から「物の価値は絶対ではなく相対である」との考えを持つ。



タンスに眠っている「着物」から作るアロハシャツを販売し、フランスでも展示・販売会を開催。

「大義名分がない事業はしない」をモットーに様々なビジネスアイデアを展開されています。



●株式会社comme-nt 代表取締役 後藤 広晴さん

広告の企画・制作をメイン事業に展開している中で、地元の寒河江市を応援したいという想いで、仙台に「寒河江市アンテナショップ 蕎と旬 さがゑもん」を立ち上げる。

「ご縁」を大切にしている後藤社長の地域を愛する気持ち、地方から日本を元気にするという志を強く感じるスピーチでした。



及川安丈幹事が「親子」でモーニングセミナーに参加!

親子で倫理を学べるって素晴らしいですね♪
2019年10月8日 : 第1721回 経営者モーニングセミナー


仙台中央倫理法人会
有坂 信彦 副会長
「倫理の学びが財務を変える」と題しましてご講話いただきました。

今回の講話を聞くために、会場にもたくさんの倫友とゲストさんたちがお集まりになりました(^^)


●経営の本質
「トップに固有で、しかも他に移譲できない権限が経営権である」というお話しから始まり、「人の成長」、「資本の成長」、「統合の機能」のことなどなど、40分では収まりきらない濃密な時間でした。



また1人、一緒に倫理を学ぶ仲間が増えました!



合同会社エアポート代表
和泉 泰彦 様

これからもどうぞよろしくお願いします!
2019年10月1日 : 第1720回 経営者モーニングセミナー


「会員リレースピーチ」

●株式会社 阿部敬四郎ギャラリー 代表取締役 阿部 敬四郎さん(写真右)

●鈴木米穀 株式会社 代表取締役 鈴木 一成さん(写真左)



株式会社 阿部敬四郎ギャラリー 代表取締役 阿部 敬四郎さん

株式会社三越伊勢丹で39年間美術部に在籍し、退社後2013年に株式会社阿部敬四郎ギャラリーを設立。

社名に自身のフルネームを使用することで出品作品に責任を持つという強い覚悟の現れだそうです。

定禅寺通にギャラリーを構え、仙台に文化を根付かせたいという想いを語っていただきました。

「文化とは人と人との違いを認めること」であると述べておりました。



木米穀 株式会社 代表取締役 鈴木 一成さん

仙台中央倫理法人会のチャーターメンバーのお一人として33年間倫理の勉強をされております。

創業大正15年の老舗企業として「お客様第一主義」を掲げ、業務用米の飲食店への販売を中心に、和食文化の普及拡大と発展に力を入れているとのことです。

趣味は「トライアスロン」。御年67歳となる現在も現役アスリートとして大会へも積極的に参加しているそうです。


事務局へのアクセス